取り扱いブランド


■ ヒマラヤ ハーバルス


自然科学の最高製品=ヒマラヤ製品 
 
創業から80年近くたった今日、毎年、3億個ものヒマラヤ製品が世界中の消費者に使用されています。 ヒマラヤはLiv.52・Cystone・Bonnisanなどの300を超える商品とパーソナルケア製品を通して、世界90カ国以上の何百万人もの人々に、健康で豊かな生活を送るための手助けをしています。
 
ヒマラヤ社は、自然科学の最高製品を販売する会社として世界中で認知されています。ヒマラヤは、アーユルヴェーダの伝統を、健康的な生活のための製品に変えることに重点を置き、人間の健康を促進するだけでなく、地球の健康を守るための事業に取り組んでいます。

 
 
ヒマラヤの誕生秘話と歴史

ヒマラヤは1930年に始まりました。
ある日、好奇心旺盛な青年は、ビルマの森林を乗馬していました。その最中、飼い主に連れられた落ち着きのないゾウ達に遭遇しました。飼い主がRauwolfia serpentina(インドジャボク)の根を与えたところ、それを食べたゾウが静かになった事に魅了された青年は、植物の特性を科学的に実証したいと思いました。
 
その青年が創業者のマナールでした。小さな夢をもった彼は手作業の打錠機を購入しました。彼は、「伝統的なインドのアーユルヴェーダを現代的な形で社会にもたらすこと」を目標にかかげました。
 
彼は、4年間にもおよぶ研究の後、ヒマラヤの最初の商品であるRauwolfia serpentina, Serpina®を1934年に発売しました。
 
1955年にLiv. 52が販売され、Liv. 52はたちまちヒマラヤの看板商品となり、最も売れた製品となりました。その後、Cystone・Bonnisan・ Rumalaya forteなども発売され次々と売れていきました。
 
それ以来、ヒマラヤはパーソナルウェルネスケアのグローバルブランドとなりました。

 


■バイオティーク


5000年の歴史を誇るアーユルヴェーダ美容+スイスの最先端バイオテクノロジー = バイオティーク製品 

5000年の歴史を誇るアーユルヴェーダ美容+スイスの最先端バイオテクノロジー = バイオティーク製品 
 
創業者であるヴィニタ ジェインは、5000年前のインドの古い知恵であるアーユルヴェーダに、現代スイスのハイテクノロジーを導入し、東洋と西洋の最高の組み合わせである、100%植物性のアーユルヴェーダ製品を作り出しました。
 
バイオティークは、25年以上にわたり、製品の純度、持続可能性、普遍性、先駆的な研究・開発・製造に携わり、様々な高品質の製品を開発してきました。
 
バイオティークの製品は100%天然植物を使用しており、化学物質は含まれていません。すべての商品は皮膚科学者によって試験され、動物実験もしていません。
 
バイオティークの製品は、古代のヴェーダのテキストから抜粋した本物のアーユルヴェーダレシピに基づいており、そのレシピは、世代から世代へと渡って伝えられ、創業者のヴィニタに伝えられました。ヴィニタは自然治癒と若返りのための真のアーユルヴェーダレシピを持っています。
 
バイオティークは、確かな品質の商品を継続的に提供する企業でありたいという情熱をもち、確実な効果のある天然美容製品を求める顧客の、美しさに対する多様なニーズを満たすことを使命としています。




バイオティークの誕生秘話と歴史 

5000年の歴史を誇るアーユルヴェーダ美容+スイスの最先端バイオテクノロジー = バイオティーク製品 
 
創業者であるヴィニタ ジェインは、5000年前のインドの古い知恵であるアーユルヴェーダに、現代スイスのハイテクノロジーを導入し、東洋と西洋の最高の組み合わせである、100%植物性のアーユルヴェーダ製品を作り出しました。
 
バイオティークは、25年以上にわたり、製品の純度、持続可能性、普遍性、先駆的な研究・開発・製造に携わり、様々な高品質の製品を開発してきました。
 
バイオティークの製品は100%天然植物を使用しており、化学物質は含まれていません。すべての商品は皮膚科学者によって試験され、動物実験もしていません。
 
バイオティークの製品は、古代のヴェーダのテキストから抜粋した本物のアーユルヴェーダレシピに基づいており、そのレシピは、世代から世代へと渡って伝えられ、創業者のヴィニタに伝えられました。ヴィニタは自然治癒と若返りのための真のアーユルヴェーダレシピを持っています。
 
バイオティークは、確かな品質の商品を継続的に提供する企業でありたいという情熱をもち、確実な効果のある天然美容製品を求める顧客の、美しさに対する多様なニーズを満たすことを使命としています。




■パタンジャリ


■オーガニックインディア


■ダバ


■ワーグバクリ




 








 

ページトップへ